風の日

強風の吹く時はボールを高く打ち上げずに高さを抑えたショットが有効です。低くコントロールされたボールは風の影響を減らす事が出来ます。低い弾道を打つためにはアドレスのボールの位置に加えて、速めのテンポでコンパクトにスイングするのがポイントです。通常はゆったり大きくスイングするように心掛けたいものですが、風の強いもとではバランスを保つのも難しくなってしまいます。ゆったりスイングする際はリラックスした状態を意識し、コンパクトで速めのテンポでは適度な緊張感をイメージするのもポイントになります。

PGA公認 馬込ゴルフスクール クリニッククラス

馬込ゴルフガーデン 〒143-0021 東京都大田区北馬込1丁目30−4 TEL03-3776-1275

0コメント

  • 1000 / 1000